鯛の白子の危険な食べ方は生食!加熱でアニサキスによる食中毒を防ぐ!

料理・食事

「白子」とは主に魚の精巣を食材とする呼び名です。フグの白子が極上とされていますが、それに匹敵する美味しさなのが鯛の白子です。

ご家庭で鯛の白子を調理する場合、新鮮であれば生で食べてもいいの?と、疑問に思いますよね。

鯛に限らず、白子を生で食べることは危険です。白子には寄生虫のアニサキスがいる可能性があり、食中毒になる恐れがあるので、加熱してから食べましょう。

フグやタラなども同様で、釣ったばかりの新鮮な場合でも、生で食べることに安全は保証できません。

白子自体が危険なのではなく、加熱をすれば食中毒の予防になり、美味しく食べることができます。

本記事では、生で食べた場合のアニサキスによる危険性をまとめました。

下処理や正しい加熱方法、おすすめの食べ方についても紹介しているので参考にしてください。

鯛の白子の危険な食べ方は生食!アニサキスに注意!

鯛の白子には、新鮮な場合でも、寄生虫のアニサキスがいる可能性があります。生で食べると食中毒を引き起こすかもしれないので、加熱してから食べましょう。

生白子という食べ方の場合でも、サッと湯通しする必要があります。

飲食店の生白子は、湯通しがしてあり、半生の状態で提供されることが多いので、安心していただいて大丈夫です。

加熱をすれば食中毒の予防になるので、鯛を釣ってきたり、スーパーで白子を購入したりして調理する場合は、注意しましょう。

ご家庭で調理する場合の正しい下処理のやり方は、後ほどご紹介しますね!

鯛は生のお刺身で食べるのに、白子はなぜ危険なのですか?

アニサキスは基本的に、魚の内臓部分を好むため、オスの精巣である白子に寄生している可能性があるからです。

白子を生で食べる危険性は、鯛に限らず他の魚でも同じことがいえるので、覚えておきましょう!

ご家庭で白子を調理する際は、新鮮だから大丈夫だろう、と安易に考えずに、必ず加熱をして、食中毒にならないように予防しましょう!

生食用と生の表記の違いを知っておかないと危険!

白子が多く出回る時期は、11月から3月で、スーパーではタラの白子が気軽に手に入ります。

鯛の白子は他の白子に比べて希少で、旬が4月から6月と短いのが特徴です。

生白子として食べたい場合、スーパーで「生食用」や「生」と表記されているものは、そのまま生で食べてもいいのでしょうか?

「生食用」と書かれている場合は、すでに湯通しをしてあるのでそのまま食べてもかまいません。しかし、「生」と表記されている場合は、湯通しする必要があります。

食べ慣れていない初心者にはわかりにくいですね。

中には隅に「湯引き」と表記されている場合があります。その場合は湯通しが施されているので、そのまま食べても問題ありません。

しかし、「生」とだけ書かれている場合は、湯通しをしないと食中毒の恐れがある、と覚えておきましょう!

スーパーでの表記の意味がわかっていると、安心して白子を調理することができますね!

鮮魚店やスーパーによっては、「生」と表記されている白子を「新鮮だから湯通ししなくても美味しいよ」と店員さんからおすすめされる場合があるそうです。

白子には毒があるわけではありません。

しかし、食中毒になる危険性があるので、いくら新鮮であっても、生で食べることはおすすめしません。

これらの注意点を気をつけながら、ご家庭で色んな白子料理を楽しみましょう!

アニサキスによって食中毒になるとどんな症状が出る?

魚の体内に潜んでいる寄生虫のアニサキスは、人の体内に入るとさまざまな食中毒をひきおこします。

鯛の白子にも、アニサキスが寄生している可能性があるため、生で食べることは危険です。

もし謝って口にしてしまった場合、どんな症状が出るのでしょうか?

アニサキスによる食中毒の症状は、胃壁や腸壁に刺入して、激しい痛みや嘔吐を引き起こします。

ほとんどの例が、食後数時間後から十数時間後に、胃の粘膜に刺入し、みぞおちのあたりが痛くなるようです。

想像するだけで痛そうです。

症状が出たら、すぐに医療機関で受診することをおすすめします。

しかし、先ほどもお伝えしたように、加熱をすればアニサキスは死滅し、安心して食べることができます。

死滅したアニサキスは体に害はありません!

白子は一手間加えるか加えないかで、アニサキスによる危険性が大きく変わってくるので、必ず加熱しましょう。

鯛の白子の下処理と正しい湯通しのやり方を解説!

鯛をさばいて白子を調理したい場合、必ず下処理が必要です。

さらに、湯通しすることで滑りや臭みが取れて、そのままでも美味しくいただくことができます。

鯛の白子の下処理は簡単にできます。生白子を食べる場合の湯通しの作業は、加熱が不十分だと食中毒になる可能性があるので、正しいやり方を解説いたします!

その上で、第一条件として鮮度が良いものを調理することです。

下処理と正しい湯通しをマスターして、美味しいおつまみを作りましょう!

鯛は他の白子に比べて下処理が簡単!3つの工程でok!

目にすることが多いタラの白子の場合は、脳みそのような見た目でヒダがあり、洗う時や切り分ける時は丁寧に扱わなければなりません。

サケの白子の場合は、血管を指の腹で擦り、血を抜く作業が必要です。

鯛の場合は、表面がつるんとしていてカットしやすく、下処理が3つの工程だけなので、他の白子に比べて簡単です。

それでは下処理の手順を見ていきましょう!

  1. 鯛の白子についている余分な脂や筋を包丁で取り除きます
  2. 水1000ccに対して、塩30gの食塩水に浸けながら手洗いします
  3. 水分を拭き取ります

これで下処理が完了です。簡単でしたね!

生白子で食べる場合は、この後湯通しします。白子の鍋や天ぷらなどを作りたい場合は、この下処理の後に調理に取りかかるとよいでしょう!

正しい湯通しのやり方で生白子を安全に食べられる!

しっかり加熱しない「湯通し」は食中毒の危険性はないのですか?

アニサキスは70度以上で加熱することにより死滅するため、しっかり加熱しない湯通しの場合でも、正しく行えば、アニサキスによる食中毒の心配はありません。

生白子を食べたい場合は、この「湯通し」の作業が必要です。食中毒の予防になりますが、あわせて、滑りや臭みが取れて美味しくなります。

そこで、正しい湯通しのやり方をご紹介します!

沸騰したお湯の場合は10秒程度で取り出し、沸騰したお湯に差し水をして、70〜80度に落とした場合は、30〜40秒ほど優しく転がして取り出します。

やり方はどちらでも良く、ポイントはしっかり加熱せず、半生の状態にするのがベストです。

しかし、生臭さが苦手な場合は、加熱時間を少し多めにすると良いでしょう。

加熱後はすばやく氷水に入れ、白子をよく冷やし、水分を取れば完了です。

しっかり加熱しても美味しく食べることができますが、トロッとした食感ではなく、プリッとした食感に変わってきます。

湯通しとは、ただ白子にお湯をかければいいと思っていましたが、温度と時間が重要なのですね。

ポン酢をかけて生白子を食べたい、という場合は、正しい湯通しのやり方を知っておくと、安全に食べることができますね!

鯛の白子の食べ方で美味しいのは?おすすめを紹介!

鯛の白子は、茹でる、焼く、揚げるなどして調理の仕方で色んな楽しみ方があります。鍋や煮物にする食べ方も美味しいですよね。

オーソドックスなのが湯通しをしてポン酢でいただく生白子ですが、鯛の白子の食べ方でおすすめなのが天ぷらです。

白子は人気がありますが、見た目と、トロッとした食感が苦手、という意見も多いですよね。

鯛の白子を天ぷらにすると、しっかり火が通ることで、食感はトロッとする感じではなく、プリッとしているので、苦手な場合でも食べやすい食べ方だと思います。

作り方も簡単で、上記でお伝えした下処理を施した後、天ぷら粉にまぶし、天ぷら粉、卵、水、氷を混ぜた液に絡めて揚げるだけです。

冷凍であれば、通販でも鯛の白子を購入することができます。

冷凍されているため、4月から6月の短い旬の期間でなくても、食べることができていいですね!

破けているものも混ざっている訳あり商品ですが、味には影響しません。

自然解凍後に、天ぷらにして、天つゆや塩でいただけば、最高のおつまみになること間違いなしです♪

まとめ

  • 白子には寄生虫のアニサキスがいる可能性があり、食中毒になる恐れがあるので、生で食べると危険なので必ず加熱してから食べる
  • 「生食用」と書かれている場合は、すでに湯通しをしてあるのでそのまま食べてもよいが、「生」と表記されている場合は、湯通しする必要がある
  • アニサキスによる食中毒の症状は、胃壁や腸壁に刺入して、激しい痛みや嘔吐を引き起こす
  • 鯛の白子の下処理は簡単にでき、生白子を食べる場合の湯通しの作業は、加熱が不十分だと食中毒になる危険性があるので正しく行う
  • 鯛の白子は表面がつるんとしていてカットしやすく、下処理が3つの工程だけなので、他の白子に比べて簡単
  • アニサキスは70度以上で加熱することにより死滅するため、しっかり加熱しない湯通しの場合でも、正しく行えばアニサキスによる食中毒の心配はない
  • オーソドックスなのが湯通しをしてポン酢でいただく生白子だが、鯛の白子は天ぷらにして食べるのがおすすめ

 

鯛の白子は生で食べると、寄生虫のアニサキスによる食中毒の危険性がありますが、加熱すれば安心して食べることができます。

飲食店で食べる場合は心配いりませんが、鯛を釣ってきたり、スーパーで白子を購入したりして、ご家庭で調理する場合は、注意が必要です。

アニサキスによる食中毒は防ぐことができるので、本記事を参考にして、鯛の白子を安全に美味しく楽しめるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました